公益財団法人 農林水産長期金融協会 メインイメージ

業務のご案内

 
 
 

当協会は、我が国農漁業生産の担い手としての認定農業者、認定漁業者、東日本大震災からの復興を目指す農業者等に対して、次のような事業を通じてその経営を継続的に支援していくことを主な役割としています。

利子助成金等交付事業(金融支援)

農林漁業をめぐる厳しい情勢の中で、国民の生命を支える農林水産物を安定供給できる体制を整え、食料自給率の向上を図るためには、生産拡大等に取り組む農漁業者等の経営を支えることが重要であります。また、東日本大震災により農業者等に重大な被害が発生しており、速やかな復旧・復興が必要です。
このため、認定農業者が経営改善を図るのに必要な農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)及び農業近代化資金(認定漁業者にあっては、漁業経営改善支援資金等公庫資金及び漁業近代化資金)並びに被災農漁業者等が復旧・復興の取組みを行うのに必要な公庫資金等の金利負担を軽減するために利子助成金等を交付しています。

  • 利子助成金の交付
    スーパーL資金、農業近代化資金、漁業近代化資金及び東日本大震災復旧・復興のための特定の資金を借り入れた農漁業者等に対し、利子助成金を交付しています。
  • 利子助成等補助金の交付
    次の2資金について、都道府県が融資機関に対し利子助成又は利子補給を行うに当たり、その経費の一部を当該都道府県に対し補助しています。
    • 農業経営負担軽減支援資金及び中山間地域活性化資金

 

情報提供事業

  • 図書印刷物の刊行頒布(刊行物のご案内)
    農業経営者、行政機関、農協等の金融機関、農業経営アドバイザーの皆様などに農業経営の改善に役立つ図書として「農業制度資金の解説」、「農業税制解説」、「経営改善資金計画書の作り方」を発行しています。
  • 農業経営の改善に向けて
    地域農業の担い手となる農業経営者や農業経営の指導に当たる行政機関、農協等の金融機関、農業経営アドバイザーの皆様などのために、利子助成事業の対象となった者の収支情報などを把握、分析し、経営改善に役立つ情報として提供しています。
 

刊行物のご案内

平成30年度版 「農業制度資金の解説」

平成30年度版 「農業制度資金の解説」

平成29年度版 農業経営者及び金融担当者・経営指導担当者のための「農業税制解説」

平成29年度版 農業経営者及び金融担当者・経営指導担当者のための「農業税制解説」

「認定農業者のための経営改善資金計画書の作り方」<改訂版>

「認定農業者のための経営改善資金計画書の作り方」<改訂版>