公益財団法人 農林水産長期金融協会 メインイメージ

令和4年度利子助成事業

   

1 令和4年度利子助成事業の概要

令和4年度は、農林水産省の
  ①農業経営基盤強化資金利子助成金等交付事業、
  ②東日本大震災復旧・復興農業経営基盤強化資金利子助成金等交付事業、
  ③担い手経営発展支援金融対策事業、
  ④漁業経営基盤強化金融支援事業、
  ⑤特定非営利活動法人水産業・漁村活性化推進機構(以下「水漁機構」)に造成された
   基金を活用して行う水産業競争力強化金融支援事業
 に係る利子助成事業を(公財)農林水産長期金融協会(以下「当協会」)が実施します。

利子助成の対象者、対象資金、助成内容等については、
  (1)「令和4年度利子助成事業の概要
(農業関係資金)及び
  (2)「
令和4年度利子助成事業の概要(漁業関係資金)をご覧ください。

 

2 利子助成申請等の手続き

(1)取扱い融資機関が事前に整備する事項

この利子助成制度は、対象資金を融資する金融機関(「融資機関」といいます。)が、借入者を代理して申請等一切の手続きを行います。

例えば、認定農業者向け農業近代化資金について利子助成を受けようとする場合、借入者が農業経営改善計画の認定を受けた上で、その達成に必要な「経営改善資金計画書」の認定を受けなければなりません。

一方、融資機関は、都道府県と利子補給契約を結んだ上で、農業近代化資金の利子補給承認を受けなければなりません。

その上で、借入者から委任を受けて、当協会に対して利子助成金交付代理申請その他の手続きを行います。

初めて前記1の利子助成対象案件を取扱おうとする金融機関は、まずは当協会にお問い合わせください。

電話 03-3292-3218 事業担当

(2)申請等の事務

「融資機関届兼Webシステム利用届」を提出し、利用者登録を済ませたら、融資機関のPCからISS(利子助成システム)にアクセスし、IDとパスワードでログインして手続きを行います。

ISS利用規約

ISSマニュアル

互換表示設定の方法

 

(3)このホームページからダウンロードする様式

このホームページからダウンロードしてご利用いただく様式は、①委任状、②融資機関届兼ISS利用届だけです。

①委任状

用紙   転貸以外用 転貸
記入要領 転貸以外用 転貸
記入例  転貸以外用 転貸
 

 

 ②融資機関届兼ISS利用届

用紙  記入例

 

(4)繰上償還後の元金不均等額を初回払込期日と最終回払込期日の2期日に設定する場合の処理手順

第1回払込期日(初回)に元金不均等額を設定している案件が、第1回払込期日(初回)が到来する前に繰上償還を行ない、その繰上償還額を最終払込期日(最終回)の約定元金から充当していく場合、元金不均等額が、第1回払込期日(初回)と最終払込期日(最終回)の2期日生じることがあります。 しかしながら、ISSの繰上償還登録画面では、償還方法コードが201・202・204・206・212・401・402を有する案件の場合、元金不均等額の設定が払込期日の『初回』か『最終回』のいずれか1期日しか選択できない仕様となっています。

このような場合の繰上償還の登録については、こちらの処理手順に従ってください。

 

3 利子助成事業に係る関係通知等

 

(1)農業関係

 

(2)漁業関係

 
 
 

刊行物のご案内

「農業をはじめよう」

「農業をはじめよう」

「令和4年度版 農業税制解説」

「令和4年度版 農業税制解説」

「令和4年度版 農業制度資金の解説」

「令和4年度版 農業制度資金の解説」

「経営改善資金計画書の作り方<令和3年改訂版>」

「経営改善資金計画書の作り方<令和3年改訂版>」

「図解 1時間でわかる農業税制」

「図解 1時間でわかる農業税制」